ご予約・お問い合わせ

 


 

 

 

ご予約及びお問い合わせ方法についてご案内します

 

 

 

--------------------------------------

 

お問い合わせ・ご予約の方法

Eメールにて承ります

 

 ☆Eメールアドレス

 『

  ytkdbpo963@gmail.com

             

 PCからの返信になりますので、受信

 できますよう、ドメイン指定の願いします

 ご予約は、一日1~2名様限定となりので、お早めににお願いします

(都合がつかない場合は別日程で調整させていただきます)だきます)

 

予約受付時間

 メールは24時間受付ています

ただ、午後から夜にかけては移動や施術で連絡のできない場合があり、

宅後の深夜や翌日午前中のご返信といったケースが多くなりますの

で、なるべく余裕を持ってのご連絡をお願いします

 

当日の予約

スケジュールに空きがあれば可能ですが、長時間のコースが主となりま

ので、準備や移動時間等の観点からお時間が合うかどうか微妙なとこ

ろもあります

より確実且つ余裕を持ってご利用いただくためには、前日(初めての方

の場合には相応のやり取りが必要になることと思いますので、2日前を

推奨しています)までのご予約をお願いします

 

ご予約の際、お知らせいただくこと

ご予約いただく際には、下記事項をお知らせください

(初めての場合には色々ご不安もおありのことと思いますので、やり取

させていただきながら、詳細を詰めていきます

 まずは、下記の上4項目辺りまでお知らせいただけますと幸甚です)

御名前(仮名やHNでも結構です)

御年齢・性別〔○○代前半/中盤/後半〕

既婚・未婚の区分〔既婚/未婚/その他〕

御体型〔スリム/標準/ふくよか/その他〕

御予約希望日時

御希望コース名・時間

お伺いする場所・最寄駅

施術場所の種別〔ブティックホテル/シティホテル/ご自宅/その他〕

同様サービスの経験の有無〔多少ある/結構ある/初めて〕

顕生着用下着のご要望〔ビキニ/Tバック/ボクサー/お客様持込み

 /任意お任せ〕

Hグッズ使用の要否 

御要望内容 

NG事項 

 

*返信はできるだけ早めにするように心がけておりますが、諸事情により 

 遅れる場合もあります 

 

*いただいたご質問、ご予約については必ずご返信しています 

 万一返信がないようでしたら、大変お手数ですが、再度ご連絡いただき 

 ますようお願い申し上げます 

 又、ドメイン制限されている方は返信をお送りできないことがあります 

 何卒解除をお忘れなきよう!

 

【ご予約・お問い合わせフォーム】

 

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

  

≪ご注意!!  スマートフォン及び携帯電話から

 アクセスされる方へのお願い≫

 

 スマートフォン、携帯電話の設定で、ドメイン

 指定受信等PCのメールが届かなくなる 

 設定の場合、当アドレスから返信ができませ

 ん!!

 「メール設定」より

 「ytkdbpo963@gmail.com

 を受信できるようご設定ください 

 宜しくお願いします

 

8つのお約束

 ①.「お手頃料金

 ②.「お好きな時

 ③.「信頼

 ④.「誠実

 ⑤.「安心

 ⑥.「安全 

 ⑦.「清潔

 ⑧.「プライバシー

     の守秘

 

 の8つをモットーにしております!

 

 ( 注)施術者の写真ではありません ↑↓)

 

 

『 浴槽内で互いの素肌を見せ合い、適温のお湯を介して肌を合わせると、肌は薄い水滴のヴェールを纏って歓喜の交歓を始める。

 

 双方の向かい合う乳首が喜びの期待にふるえ、ぷっくりと起ち上がり、律動するのを見て取るとわたしはおもむろに目の前の女性を凝視する。

彼女は視線を返さない。

 

 しかし、少し恥ずかしげに視線を下に逸らした彼女は、次の瞬間、予想外の行動に出る。

両手を首に回して、わたしの唇を激しく奪ったのだ――。

 

 彼女の舌がわたしの唇を割って入り込み、上下に獰猛に這い回る。先ほどまで見せていた清楚な表情の同一人物とは到底思えない積極さと惜しみないエロさ…。それが急に全開したのだ。

わたしのペ○スも大きく隆起した。

 

 右手人差し指を女性の秘部の割れ目に滑り込ませ、左手はたわわな左乳房を乱暴に揉みしだきながら愛撫する。

 

 喘いだ女性がわたしの唇から舌を離すと、わたしはお湯の中でペ〇スを一歩前に前進させながら女性の右乳首に熱い接吻をしながら舌を這わせ、そして構わず噛んだ。

 

 「あぁ、いいっー!」彼女が声を漏らすと、熟れた乳首は更なる快感を求めて陶然と踊り出す。

 

 もう片方の乳首はわたしの指と絡み合い、押し潰されることでより濃く深い色合いに変容して、わたしを次のステップに誘惑する。

 

 わたしがその紅い淫靡な突起を指の腹で押し潰すと、貴方は続け様に声を上げ、覆い被さるようにして再度わたしの唇を奪い、両足はわたしの腰に巻き付けて、わたしの自由を奪うのだ。

 

 からだのすべてがひとつになって触れ合うと、女性の熱い秘部がお湯の薄く透明な膜を伴って、わたし自身を淫らに囲い込んでいく・・・。 』