システム

 


  




  簡単にシステムの概要に

  ついてご案します

 

 


 

----------------------------

 

 

 

 

 

      はじめに

 

 

 

 

-------------------------------


 ●出張先(デート場所)

 


 

   貴女のご希望の場所

   にまいります 



----------------------------


 

 

●出張先(トリートメント施術場所)

 

 ブティックホテル、シティーホテル、

 ご自宅 

 ご指定のところへお伺いします

  (尚、ご自宅へのお伺いは、原則

 お一人暮らしの方に限らせていただ

 きす) 

 

----------------------------

 

●出張圏内

 

 東京・神奈川・埼玉・千葉を中心に、全国にお伺いします

 遠方への出張もありがたくお受けしています 

 お気軽にお問い合わせください

 

 

------------------------------------------------------------

 

●営業時間

 

 24時間営業

* 初回のご利用については、なるべく余裕をもって早めにご連くださ

 い

 

* プティックホテル利用の場合、昼間のサービスタイムを使ってご利用

 いただく形ですと、個室料の面安価となり、またスケジュール的にも

 比較的余裕があることが多いです

 

* 原則電車での移動となりますので、終電後等遅いお時間の場合には

 お受けできないことがります

 (尚、タクシーの利用や送迎していただける場合には時間に関係なく

  対応させていただきます 

 

------------------------------------------------------------

 

●定休日

 

 不定休です

  (尚、第2&4月曜日は夕方以降にさせていただく場合があります)

 

 

------------------------------------------------------------

 

サービス内容

 

* デートの場合には、そのコースや場所、内容に即したものになります

 

* エステの場合には、手、指を中心に、あとはお好みで口やグッズ等を

 使ったセクシャル・サービスを行います

 

------------------------------------------------------------

 

●その他

 

*施術は基本一対一で行います

 (「女性カップル」のコースを新設しました)

 

*キャンセルは当日朝までにご連絡いただければ無料です

 

*料金は前払いでお願いします

 

*敏感肌やアレルギーの方は必ず事前にお知らせください

 

定期的・継続的なご利用についても随時お受けしております 

 

*当サイトの性感エステ・トリートメントサービスは、ソフト且つ安全に

 女性を癒すという趣旨の下行っています

また、医療行為を行う専門のマッサージ機関ではありません

 

*万が一の事故を未然に防ぐために「健康な方」限定とさせていただい 

 ています

20歳未満の方、妊娠中の方、極端にご高齢の方、極端に肥満あるいは

やせ過の方、何らかの重篤な御持病等をお持ちの方は恐縮ながら

ご遠慮させていただくことがあります

ご不安な面をお持ちの方は事前にお問い合わせください 

 

  

≪ご注意!!  スマートフォン及び携帯電話から

 アクセスされる方へのお願い≫

 

 スマートフォン、携帯電話の設定で、ドメイン

 指定受信等PCのメールが届かなくなる 

 設定の場合、当アドレスから返信ができませ

 ん!!

 「メール設定」より

 「ytkdbpo963@gmail.com

 を受信できるようご設定ください 

 宜しくお願いします

 

8つのお約束

 ①.「お手頃料金

 ②.「お好きな時

 ③.「信頼

 ④.「誠実

 ⑤.「安心

 ⑥.「安全 

 ⑦.「清潔

 ⑧.「プライバシー

     の守秘

 

 の8つをモットーにしております!

 

 ( 注)施術者の写真ではありません ↑↓)

 

 

『 浴槽内で互いの素肌を見せ合い、適温のお湯を介して肌を合わせると、肌は薄い水滴のヴェールを纏って歓喜の交歓を始める。

 

 双方の向かい合う乳首が喜びの期待にふるえ、ぷっくりと起ち上がり、律動するのを見て取るとわたしはおもむろに目の前の女性を凝視する。

彼女は視線を返さない。

 

 しかし、少し恥ずかしげに視線を下に逸らした彼女は、次の瞬間、予想外の行動に出る。

両手を首に回して、わたしの唇を激しく奪ったのだ――。

 

 彼女の舌がわたしの唇を割って入り込み、上下に獰猛に這い回る。先ほどまで見せていた清楚な表情の同一人物とは到底思えない積極さと惜しみないエロさ…。それが急に全開したのだ。

わたしのペ○スも大きく隆起した。

 

 右手人差し指を女性の秘部の割れ目に滑り込ませ、左手はたわわな左乳房を乱暴に揉みしだきながら愛撫する。

 

 喘いだ女性がわたしの唇から舌を離すと、わたしはお湯の中でペ〇スを一歩前に前進させながら女性の右乳首に熱い接吻をしながら舌を這わせ、そして構わず噛んだ。

 

 「あぁ、いいっー!」彼女が声を漏らすと、熟れた乳首は更なる快感を求めて陶然と踊り出す。

 

 もう片方の乳首はわたしの指と絡み合い、押し潰されることでより濃く深い色合いに変容して、わたしを次のステップに誘惑する。

 

 わたしがその紅い淫靡な突起を指の腹で押し潰すと、貴方は続け様に声を上げ、覆い被さるようにして再度わたしの唇を奪い、両足はわたしの腰に巻き付けて、わたしの自由を奪うのだ。

 

 からだのすべてがひとつになって触れ合うと、女性の熱い秘部がお湯の薄く透明な膜を伴って、わたし自身を淫らに囲い込んでいく・・・。 』